金欠の時は冷凍庫と缶詰のストックで乗り切る。

我が家が金欠になった時の解決方法は、食費を削ってなんとか調整する方法です。とは言っても食べずに我慢するのではなく、金銭的に余裕のある時に多めに作ったハンバーグを使ったり、スーパーの安売りで買っておいた缶詰を料理に使うのです。そしてこれらをプレートご飯や丼ものにして、洗い物を極力減らすことも節約に繋がります。ハンバーグは目玉焼きを添えて、レタスやキャベツなどを加えロコモコ丼風に。ドレッシングはマヨネーズやケチャップなど好みのものをかけます。ちなみに我が家のお気に入りはシーザードレッシングです。そして缶詰ではサンマの蒲焼きをよく使います。蒲焼きは温かいご飯にタレと共にのせて、その上に何十円で手に入る貝割れ菜、刻み海苔をのせるだけで豪華に見えますしボリュームもなかなかです。キュウリの浅漬け、味噌汁を添えれば簡単で安上がりの夕飯ができます。蟹缶やツナ缶はチャーハンの具にもなりますし、卵を使いカニ玉やツナと卵の炒め物など色々なアレンジレシピができます。他にもカレーやシチューは野菜や肉の安い時に多めに作り、冷凍してストックしておけば、お金に困った時はもちろん忙しくて料理の時間が取れない時にも役立つのでお勧めです。総量規制対象外 カードローン 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です