経営再建中のシャープはどうなるか

最近、経営再建中のシャープが国内グループの全社員約1万9000人に一律3,000円を支給するというニュースを見ました。
国内の構造改革に一定のめどが立ったからとのこと。少額だが、職場の親睦会や家族へのねぎらいの一部として使ってほしいとのことでした。
我が家はシャープの家電が多く、世界の亀山モデルのテレビを始め、プラズマクラスターの空気洗浄機、プラズマクラスターのドライヤー、掃除機などがあります。
シャープ家電のファンである私は、シャープが台湾のホンハイに買収されたときは、なんだか寂しかった。こんなに良い商品があるのになんで経営難になったのだろうと。
原因はなんにせよ、自浄作用を失った会社にとって、買収はプラスに働くのかもしれません。大きな決断、改革をするには外部からの力が必要。良いところは、共有してさらに伸ばし、改善すべきところは改善する、そうしてより良い会社にしていく。
会社は利益だけを追求しては成長しないと私は思う。会社はある意味ファミリー。従業員を大事にし、従業員の家族を大事にすることが、愛社精神を生み、従業員は会社にベストを尽くす。マンパワーを最大限に発揮させることが、企業の業績アップにつながる。銀行カードローン 審査 甘い
「職場の親睦会や家族へのねぎがいの一部としてつかってほしい」というシャープのコメントを知った時、
こうゆう会社が増えれば、世の中はもっと良くなるのではないかと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です