東芝の会計問題で日本の家電の不審がより鮮明に

このところ家電業界の不審続きのニュースばかりが目に付きます。シャープの業績不振、ソニーの業績不振なども頻繁にニュースで聞かれるようになりました。今回の東芝の問題もやはり業績不振からきているもので粉飾決算といわれてもしかたのない状態だということは東芝自身も認めざる得ないのではないでしょうか。日本には世界的にも強い家電メーカーがめじろ押しというイメージがあり、その中でも東芝は比較的堅実路線でかなり手堅く強い家電メーカーというのがあり、今回のような騒ぎが起こるとはあまり予想していなかった人も多いのではないでしょうか。東芝のような企業でもこのような状態なので本当に家電業界というのは苦しい状況なのだと予想されます。炊飯器や空気清浄機などでは中国を中心にまだよく売れているのかもしれませんが、機能性を高めることが強みだった日本の家電は機能過多になってしまって消費者のニーズからずれてしまっているといわれています。技術者それも優秀な人材を抱えてしまっているがゆえに売れるものと作る物がまったくかみ合っていない状況をどう活用していくかが課題になっていますが、それは数年前からも分かっていたことですがうまく切り替えができていないようです。在籍確認カードローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です