またか 小学3年生が事件に巻き込まれて

子供が巻き込まれる事件・事故のニュースを見るたび・聞くたびに心が痛みます。特に今回のような事件は人として許しがたい事件だと思います。犯人がどのような人間かはわかりませんが、もし捕まったのなら極刑にすべきです。でなければ遺族が報われません。極刑については賛否両論あるかとは思いますが仮に遺族の立場になったとしたら私は到底許しませんし、極刑で無かったとしても出所したら必ず犯人のところへ赴くでしょう。そもそも昔の学校の教師はそれぞれ体罰の為の必殺技をもっていました。生徒はその必殺技を受けないようにやってきたものです。近年は体罰といえば先生は何も出来なくなってしまう世の中です。体罰は褒められるものではありませんが、場合によっては必要ですし、受けた事によって善悪の判断をより強固に出来る事もあります。また近年はネット時代で、幻想が現実になっている人達が多いのではないでしょうか。今回の事件に戻りますが、このような時代の中、地域対策・環境対策が早急に必要だと思います。これだけ技術が発達しています。未然に防ぐ事が出来なくても犯人を捕まえる技術例えば監視カメラ・衛生カメラなどを駆使するだけでも抑止力にも繋がると思います。最低でも子供に対してはGPS機能を持たせる事は必須でしょう。極論ですがマイクロチップを埋め込む事も技術によっては可能ではないでしょうか。最後にはやはり地域社会の在り方だと思います。昔は町内会・子供会など活発に地域行事に参加していました。現在は町内会にも参加せず、子供会にも参加しない人達ばかりです。特に子供会について親の都合が殆んどです。地域活動を見直し、現代社会に融合できる活動にし、地域でのコミュニケーションも活発にする事で多少でもこのような事件が無くなるのではないかと思います。即日融資 カードローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です