どこからが違反になるのか、自転車運転罰則規定

6月からの道路交通法改正に伴い、自転車運転の罰則規定が適用されるようになったが、どの程度効果があるのだろうかと注目している。

仕事柄、行政との接点が多いため、規制に関する情報をよく耳にするが、実態として早くもトーンダウンしている気がしている。今朝方も回覧されていた文書を見てみると、「歩道を走る時は歩行者に迷惑をかけないようにしましょう」的な文言を見つけた。改正時に聞いていたのは「自転車はヘルメットのいらない原付と思ったほうがいい」だったと思うのだが、いつの間にか「気をつけて走ってね」といったトーンになっている。

また、大阪ではお馴染みのハンドルに傘をつけるためのアイテム「さすべえ」も傘さし運転とみなすと教えてもらったが、一定の大きさの傘であれば基準内のため「なるべく使うのは控えましょう」との注意にとどまっている。思わず、業界団体から要らぬ圧力でもかかったかと勘ぐってしまうほどの腰の退け方なのが気にかかってしまう。

自分自身に置き換えて、お世辞にもまっとうな自転車運転手とは言えない身ではあるが、昨今の傍若無人な自転車運転に苛立ちを感じて、今回の法改正によるマナー改善の契機になるかもと期待していた分、少しがっかりしている今日この頃である。アコムの増額審査のポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です