お腹が空いているときはチョコレートを少しだけ。

お腹が空いても食べるものが少ないときは思い切ってダイエットをします。食べないダイエットです。頭の中で、今はダイエットの最中なんだ!食事制限中なんだ!と想像を膨らませます。そうすることでお腹が空いている時間を乗り越えます。

お腹が空いているときに食欲に負けそうになったらチョコレートを食べます。なぜチョコレートなのかというと、チョコレートは栄養があって満足感があるからです。お腹が空いているときにポテトチップスやスナック菓子を食べてもいっこうに満足できませんが、それは栄養が関係していると思います。

栄養が少ないものを食べ続けても体は満足してくれません。反対に栄養がたっぷり入っているものはちょっと食べただけでも満足感があります。どんな食べ物でもこれは同じだと思います。栄養が鍵を握っています。

ですので、お腹が空いてどうしても何か食べたくなった場合チョコレートを食べます。それもアーモンドやピーナッツが入ったチョコレートなら最高です。ナッツには栄養がたくさん入っているので3粒も食べれば満足できます。

空腹感もぴたっとなくなるのでその後しばらく食べ物のことを考えません。もちろん我慢できそうなときは何も食べず過ごします。お金借りる 銀行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です