プロミスの審査、ちゃんと通る??

消費者金融は現在たくさんあり、テレビのCMでもいろんな貸金業者が出回っている中、常にトップで支持されているプロミス。

その人気の理由は、30日間無利息サービスや4.5%~17.8%の低金利、プロミス利用でのポイントによるお得な特典などなど、『どうせ利用するなら使っていてお得なほうがいい!』という消費者ニーズに応えたサービスにあります。

では、プロミスを利用するにあたってのポイントとは何でしょう?まず、プロミスを申込む際の審査について説明します。

まず、申込みには年齢制限があります。20歳以上69歳以下で、安定した収入がある方という事が条件です。これは基本的なことなので、審査を通るようにするためにはその他にも抑えておかなければならないことがたくさんあるのです。

抑えておかなければならないことの一つに、総量規制があります。プロミスは消費者金融のひとつなので、お金を借りる際には総量規制という規制がかかります。これは年収の3分の1以上お金を借りてはいけないという法律のことです。ですから、他社で借入がある場合などは、その借入額との合計が年収の3分の一を超える額は借りられないようになっているのです。

プロミスは信用情報機関を通して、申込者が消費者金融や銀行でお金を借りた情報や借りたお金の返済状況、これまでの利用履歴等も審査します。クレジットカードの支払の延滞や滞納も、この信用情報機関に登録されるので、支払い忘れや延滞がある場合、審査は当然厳しくなります。申込者の信用に関わる問題なので、やはりそれは審査落ちの対象になってしまうのです。

プロミスは、過去3ヶ月間の履歴を参考にします。もし3ヶ月以内に滞納や遅延等の思い当たる節があれば、3か月後改めて申込をするようにしましょう。その間、そういった問題が起きないように気をつけなければなりません。

他社への借入申込み回数も、審査対象になります。短期間で複数のキャッシング会社に申込をしたという情報は、借入返済のための借入をしているのではないかと疑われる原因になり、さすがに良い印象を与えません。やむにやまれない事情がある場合は、最低3社までにしておいたほうがいいようです。

申し込みの際に、他社金融業者からの借入がある場合は、現在の借入の合計額を正確に申告しなければなりません。これは、プロミスが申込者がいくらぐらい借りているかわからないからではありません。信用情報機関から、申込者がどこからいくら借りているのかという情報は、すぐにわかってしまうのです。これは、どれぐらいその人が自分の借入れている金額を把握しているのかという審査でもあるのです。借入があるのにないと申告したり、申告した他社借入額がぜんぜん違っていたりすると、借りたお金をきちんと管理できていないと思われて、審査が落ちてしまう対象になるのです。

携帯電話などを持っていて直ぐに連絡をとることができるという事も、審査を通過させるポイントです。これらのポイントが抑えてあれば、審査通過する可能性は高まります。

プロミスの審査は基本的に「年収」「職業」「年齢」「他社借入金額(返済履歴)」「勤続年数」「居住(居住年数)」「家族構成(1人暮らし等)」を中心に審査を進めています。実は、居住地は賃貸より持ち家の方が審査が有利だったり、個人が使える金額が大きいという事で、既婚より未婚の方が良い場合もあります。

プロミスでは、融資が可能かどうかの判断を行うために、申込者を属性ごとに分けて点数をつけていく、「属性スコアリングシステム」を利用しています。これは、コンピュータで自動的に結果を出すシステムで、短時間で公正であり、一貫性のある判断が可能になっています。

プロミスのホームページで借入が可能かどうかがすぐにわかる3秒診断というものがあるので、電話で話すのは気が引ける、店舗まで行くのは面倒という方は一度それで確認してみるのもいいと思います。

3秒診断をして借入が大丈夫と出ても、それは簡易結果なのでそこからさらに正式な審査に入ります。3秒診断をしなくても、WEB契約の申し込みをするボタンがあるので、そこから申込みをすることもできます。

申込み後、最短30分ほどで指定の連絡先へ審査結果が連絡されます。そこで無事に審査通過をした場合、さらに契約の勧め方が「WEB契約」と「来店契約」、「郵送契約」の3通りにわかれます。

お金がすぐ必要な場合、WEB契約か来店契約がスピーディです。ただし、WEB契約の場合平日14時までにWEB契約を完了させて振込キャッシングで振込んでもらううか、最寄りの自動契約機でカードを発行してもらって、ATMでのキャッシングを利用できるようにしなければ即日融資が受けられません。

どの契約方法でも、本人確認資料は必要です。借入額が50万円を超える場合は、収入証明資料も必要になります。

WEB契約はすべて自宅で契約が終了するので、待ち時間などを有効活用できる点が非常に便利です。しかし、必要書類をスキャナで読み込むか携帯電話のカメラで撮影し送信する必要があるので、注意しなければなりません。スマートフォンを利用している方は、プロミスの専用アプリをつかって送信する方法もあります。

来店契約は自分で必要書類を持参しなければいけませんが、プロミスの店員の方が親切に説明してくれるので、パソコン操作が苦手な方などは来店契約をして契約の流れを任せてやってもらえるほうが安心かもしれません。

郵送契約は申込み後、契約書類・カードが自宅に届いた後、必要書類のコピーと一緒に契約書類を返送しプロミスが必要書類を受領してからでないとキャッシングが利用できないので少し時間がかかってしまいます。

プロミスでは女性のためのレディースキャッシングという女性専用のサービスもあります。安定した収入がある主婦やパートの方であれば、専任の女性スタッフが丁寧に相談に乗ってもらえ、審査に通過するためのアドバイスもしてくれますので不安がある女性はこちらを利用してみる方法もあります。

プロミスでは厳格な審査が行われていますが、それだけ借入れ後の対応もしっかりしていますし、返済を続けていくことで信用がつき、借入限度額を増やしてもらうこともできます。お金に困ったとき、プロミスを利用して計画的に活用し、より良い生活を手に入れましょう。

RETURN TOP